アウクバの外構工事・造園工事コラム

おしゃれなウッドデッキとは

\こんな記事も良く読まれています/

まだデータがありません。

ウッドデッキをおしゃれに!使えて落ち着くウッドデッキのデザイン例

 

 

http://www.sgdawards.com/2014-shortlist-old/4585785852

 

前回のブログに続いて、今回はウッドデッキのデザインについて詳しく掘り下げていきたいと思います^^

 

お部屋の延長として!おしゃれなウッドデッキで快適なガーデニングライフを♪  今ではすっかり定番のエクステリアとして認知されたウッドデッキ。「休日に外でご飯を食べたい」「天気の良い日にのんびり寛ぎたい」「子供をのびのび遊ばせたい」「外で気持ちよく夕涼みしたい」など、様々な目的をもってご依頼されることが多いです。今回はそんなウッドデッキについて、実際の事例や海外の事例を合わせながらお話していきたいと思います^^   家と庭をつなぐ!生活にあった快適なウッドデッキのデザインとは&n...

 

 

 

前回はデザインに関しては、『全体の調和』が最も大切!とお話ししました。

ウッドデッキを単体で考えてしまうとどうしてもそこだけが浮いてしまいがち。

外構全体のバランスを考えて作りましょうね♪とお話しさせて頂きました。

 

でもそうはいっても、

 

抽象的でよく分からない…

つまりはどういうデザインが良いの???

 

と思いますよね。

そこで、幾つかのデザインパターンを作ってみたのでそれに基づいてお話していきたいと思います^^

 

 

 

ウッドデッキのおしゃれなデザインとは??デザインパターン変遷

 

 

まずはベースとなるデザインはこちら。

 

庭に面した側に掃き出し窓があるタイプの住宅です。

庭の面積は9×6mで約16坪。

少し広めですが、郊外の団地では比較的よく見られるサイズの大きさです。

 

設定としては、せっかく広めの庭があるし活用したい。

とりあえず芝を張ったものの、後は…どうしよう。。という状況です。

 

 

さて、このお庭がウッドデッキを取り入れることでどう変身していくか!

さっそく見てみましょう^^

 

 

 

1、デザイン性なくウッドデッキを置いてみた

 

 

まずはとりあえずウッドデッキを置いてみた!というパターンです。

長方形の一般的なサイズ。

デザインも何もない!というくらいシンプルです。

まあ、リビングからは庭に出やすくなったけど…のパターンで、きっとこの後もウッドデッキがあまり使われることは無いでしょう。

作って終わり!のパターンですね。。。

 

ちなみに、ウッドデッキの下は湿気防止のためのコンクリートを打っていますが、幕板を伸ばさないとこのようにコンクリートが見えて雰囲気ぶち壊しです。

ここも大事なデザインの一つです。

 

 

 

 

2、幕板を伸ばし、ウッドデッキを広げてみた

 

 

続いて、先ほどは丸見えで格好悪かったベースのコンクリートを隠してみたパターンです。

2つの掃き出し窓両方から出られるようウッドデッキも大きくしてみました。

ただ依然デザインは長方形のまま。

大きくて使いやすそうではありますが、面白みに欠け、庭全体の調和を考えた時もウッドデッキだけが浮いてしまっています。

 

これほどの大きさのデッキを作った割には何だか勿体ない…

そんなプランです。

 

 

 

3、前面にステップを付けてみた

 

 

 

続いてステップを入れてみました。

 

一般的にウッドデッキを室内と同レベルにしようと思うと400㎜ほどの高さになることが一般的です。

そのため階段が1段間にあると上り下りがぐっと楽になります。

今回はそのステップを前面に入れてみました。

階段そんなに広くなくても、、と思うかもしれませんが、長い場合には「階段」、というよりも階段自体が「低めの椅子」に変身します。

 

イメージはこういう感じ。

 http://www.greenroofs.com/content/articles/115-A-Comparison-of-the-3-Phases-of-the-High-Line-NYC-Part-2.htm#.W1gVQtL7SUk

 

大人数集まってもシートエリアとして活躍しますね!

 

 

ただ、、

やっぱり長い。笑

 

というよりも、「ここにウッドデッキがあります!おしまい!」といった雰囲気で他に繋がりにくいです。

長方形が目立ちすぎていますね。

家側にもう少し凹凸があればウッドデッキの長方形も生きてきますが、家とデッキがシンプルな形同士だとデザイン性に欠けてしまいます。

 

もう少しデッキにデザインを加えたい…!!!

そこで。

 

 

 

 

4、長方形を崩してみた パターン①

 

 

 

いかがでしょう。

長方形を少し崩しただけですが、何だか面白みが生まれてきましたね!

庭の他のエリアにも繋がりそうな雰囲気です!

面白そうなので幾つかこのデザインでパターンを変えてみましょう^^

 

 

 

ますは、ここにシンボルツリーを入れてみると…

 

いかがでしょう。

デッキ沿いに植えることで室内からぐっと緑が近くなりました。

 

 

 

次にコの字型のステップを階段兼ベンチと仮定してBBQエリアを近くに持ってきてみると…

 

何だかぐっと庭らしくなってきました!

大きめの乱形石を幾つかポイントとしておくと、足元も良くなる上全体にリズムも生まれ良い雰囲気です。

ちなみにBBQの時でもお隣からの視界を気にせず楽しめるようにと高めのフェンスを入れています。

 

フェンスって必要?プライバシーのために必要な高さとは 新築外構のエクステリアで必ず取り入れるもの。それは・・・そう、フェンスです。大なり小なりはありますが、一般的な宅地の中に新築した場合、お隣との境界を作るためにフェンスはほぼ必須のエクステリアです。家の裏側、右側、左側、と、もしお隣にフェンスがついていない場合は3面に施工するのが一般的です。そしてそのフェンス。地味なようで意外と高い、、、 このような一般的なタイプでも、約2mで定価28,000円ほど。LIXIL プレスタフェンス 7Y型 それ...

 

このように高めの目隠しフェンスを入れることで、プライベート感を保ちながら寛ぐことが出来ますよ♪♪

 

 

 

さて次は、忙しくて中々植物の手入れは難しい。

でも庭ではゆっくりリラックスしたい、そんな方へのプランです。

 

 

植物をシンボルツリー1本に絞り、代わりにパーゴラを設置してみました。

日よけのオーニングを設置することも出来るので、夏場は日差しをカットし、冬にはオーニングを閉じ光を入れて…と使い分けることも出来ますよ^^

 

今までもシンボルツリーで高さはありましたが、このようにパーゴラのような構造物で高さを作ると全体に締まって見えますね!

シンボルツリーもより引き立ちます^^

 

 

最後は芝の面積を減らし、さらにデッキ下にテラスを設置したパターン。

 

いかがでしょう。

より高級感が増し、リゾートの雰囲気がアップしました!

ハード面が増えると、その場所に関しては雑草の心配が永久にゼロになるのも嬉しいですね!

 

ちなみに実際の施工例ではこのような雰囲気になります。

北九州市新築外構 ファイヤーピットの炎が暖かく照らすローメンテナンスのお庭 今回は新築外構のご依頼で、家回りぐるりのデザイン並びに施工のお仕事でした。海外にもよく行かれるお庭が好きなご家族で、スイスでみたファイヤーピットをお庭に置きたい!とのご依頼。アウクバのモデルガーデンにも似たものがあるのですが、(こちらは横文字でファイヤーピットというよりは囲炉裏、というイメージです。笑)それを海外風にアレンジ。ウッドデッキとの組み合わせでコの字型のベンチを周りに設置し、大人数が集まってもゆった...

 

 

選ぶタイルや石の色で雰囲気はモダンにもナチュラルにも可愛くもガラッと変わりますよ!

 

 

ちなみに海外では、このようにウッドデッキやテラスを組み合わせてアウトドアリビングを作るのが人気。

スタイリッシュなものに人気があるので、こうした直線を生かしたデザインが人気なのですね^^

高級感もあり、とてもおしゃれですね!

 

https://www.pinterest.jp/pin/147070744051172128/

 

https://www.pinterest.jp/pin/511510470171628028/

 

https://www.pinterest.jp/pin/844424998857572643/

 

こうしてみてみると、海外ではきちんとデッキがデザインの一部として成り立っていることが分かりますね!

『全体の調和』がしっかりあります!

 

 

 

4、長方形を崩してみた パターン②

 

 

では最後になりますが、長方形を崩してみた別のパターンをご紹介します。

 

 

今度は台形に長方形をくっ付けた形です。

先ほどは階段を右側につけていましたが、今度は左側にありますね。

 

 

なぜこの形にしたのかというと・・・

 

このように植物を配置したかったから。

特に右側のデッキがへこんでいるところ。

ここに植物を列植し雑木風に仕上げています。

 

この右側のデッキは奥行きが1mほど。

つまり、家から植物までの距離も約1m。

 

あえてこの近いところに植物を配置することにより・・・

 

緑を近くに感じることが出来、なんともリラックス出来るエリアの出来上がり^^♪

 

もちろん室内からも緑をそばで感じることが出来るので、癒し効果抜群です。

 

 

 

 

このように、ウッドデッキをエクステリア単体として考えるのではなく、

 

 

他のものとどう組み合わせるか。

どのように使える空間にするか。


他のエリアとの繋がりをどのように生み出すか。

 

 

を考えることは必須条件です!

 

 

今回はあくまでも一例ですので、

自分の庭はどんな雰囲気になるのか見て欲しい!

デザインしてほしい!

という方はお問合せ下さいね^^

 

初回デザイン無料で行っていますのでお気軽にどうぞ♪

 

 

以上、ウッドデッキのデザイン例のお話でした。

 

Share

ゆっくりのんびり豊かに過ごせる頑張らない庭づくり

アウクバは福岡県遠賀郡にある
夫婦で営む小さな
外構・造園工事の会社です

アウクバガーデンは福岡県遠賀郡遠賀町で外構・造園工事を行っている小さな会社です。
造っておしまいではなく、外構、造園のプロとしてお客様と一生涯関わっていきたいと考え、子供の成長を楽しむようにお庭の移り変わりも一緒に楽しんでいけるお庭作りを心がけています。

コラム一覧に戻る

ご相談基本プラン
お見積り無料

お気軽に問い合わせて欲しい、との思いから初回ご相談及びに簡単なプラン作成は無料で行っております。
新築に伴う外構工事やお庭のリフォームなど、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

自宅兼事務所となっておりますので、お越しの際はお電話またはメールにてご予約をお願いします。

株式会社アウクバは福岡県北九州市、遠賀郡( 芦屋町 、水巻町、 岡垣町 、遠賀町)を中心に、
地域の皆様に緑を楽しんで頂けるような外構工事、造園工事、エクステリア工事を行っております。
また、外構・造園工事だけでなく、左官工事に関するご相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

外構工事・造園工事のことなら
私たちに何でもご相談ください。